アキオカ家のトラベルごはん

身近な食材を使って、トラベルごはん(国内外の料理)やタイムトラベルごはん(古い時代の料理)を楽しみます。

【ベトナム】お肉たっぷりピリ辛牛肉麺「ブンボーフエ」

みなさんこんにちは、しょっちゅうキッチンで好き勝手やってるアキオカ アヤカです。

 

前回もいちおうエスニック料理っぽいものでしたが、今回はひさびさのべトナム料理です。 

今回のレシピには謎な部分が多かったため、レシピがかなりふわっとしています…

肉は食べたい、でもコッテコテすぎる料理はちょっとなぁ…

今日の気分はベトナム米麺!

特売でまとめ買いした牛肉を美味しく食べるには…?

上記に当てはまる方もそうでない方も、ぜひお立ち寄りください。

ブンボーフエとは?

ブンボーフエ(フエ風牛肉ライスヌードル)は、べトナム中部のフエで食べられている麺料理です。

f:id:komonjocooking:20210206113828j:plain

牛肉のダシが決め手です

フォー・ボー(牛肉のフォー)と似ていますが、フォー・ボーよりも辛味とレモングラスの風味が強いことと太めの丸麺(ブン)を使うことがポイントです。

 

ブンボーフエの素を手に入れた! 

近所のベトナム食材店で、ブンボーフエの素を購入しました。

何が何だかわからんのに、とりあえず買ってみました。あいかわらず無謀ですね。

f:id:komonjocooking:20210205105126j:plain

なんでサンタさん?

f:id:komonjocooking:20210205105130j:plain

裏側の説明はベトナム語と中国語

 

とりあえず、ベトナム語部分をグーグル翻訳にかけてみました。

f:id:komonjocooking:20210205105134j:plain

……はあ

 

ちょっとわかりにくいので、こんどは中国語部分を翻訳してみました。

f:id:komonjocooking:20210206104525j:plain

……ほお

 

……ブンも買っちゃったので、もう後には引けません。

とにかく、自力で何とかするしかない。

f:id:komonjocooking:20210205105156j:plain

平麺や細麺は何回か食べたことあるけど、丸い太麺は初めてです

 

……ぶ、ブンボーフエを作ってみよう 

パッケージの説明だけではいまいちよくわからないので、こちらも参考にしつつ。

cookpad.com

〈材料(スープ5~6人分)〉

【スープ】

牛薄切り肉…500~1000g

 お予算などの都合でこんなに用意できない場合は、一部を豚薄切り肉に変えてもOK!

玉ねぎ…中~大なら3/4個くらい

ブンボーフエの素…1袋

水…2000ml

砂糖

ヌクマム

グルタミン酸調味料

サテ(ベトナムの酸っぱ辛い調味料)、豆板醤、コチュジャンなど

 

【麺】

ブン(ひやむぎなどで代用可)…80~100g×人数分

 

【トッピング用具材】

もやし(ゆでておく)

スライス玉ねぎ(スープ用の残りでOK、しばらく水にさらしておく)

レモン汁(スライスしたレモン・ライムがあればなおよし)

きざみねぎ

下ごしらえ

肉を食べやすいサイズにカットし、ブンボーフエの素をまんべんなくなじませて10分おきます。

f:id:komonjocooking:20210205105138j:plain

袋の中身は単なるスパイスの集合体で、味はあまりついていないようです

 

煮込む

大き目の鍋に肉と薄切りにした玉ねぎを入れ、水を加えて火にかけます。

鍋が沸騰したら、アクを取りつつ30分ほど煮込みます。

f:id:komonjocooking:20210205105143j:plain

レモングラスを入れると本場っぽくなりますが、入手できず…

 

ある程度肉の風味が出てきたら、砂糖・グルタミン酸調味料・ヌクマム・サテなどで好みの味に調えます。

調味料の分量は、味見しながらお好みで決めちゃってください。

f:id:komonjocooking:20210205105148j:plain

違うメーカーの素を使ったら、調味料の種類・分量も変わるかも?

煮込んだ玉ねぎを取り除くレシピが多いようですが、個人的には取り除かずに具として食べてもいいんじゃないかなと思います。

まぁそのへんはお好みで…

 

ブンをゆでておく

スープがいい感じになったら、別の鍋に湯を沸かしてブンをゆでておきます。

ゆで時間がかなり長いので、早めにゆで始めることをおすすめします!

f:id:komonjocooking:20210206105802j:plain

パッケージには15分ゆでろって書いてあったのに、実際には30分近くかかりました

 

ブンボーフエ実食!

水気を切ったブンをどんぶりに入れて具材・スープを盛り付け、さらにレモン汁とお好みのトッピング用具材をプラスします。

f:id:komonjocooking:20210205105152j:plain

パクチーやミントを加えてもOK

肉の風味をしっかり感じられますが、かんきつ風味のおかげか見た目のイメージよりあっさりしています。

フォーと比べるとこってりしていますが、胸焼けするレベルでギットギトこってこてというわけではありません。

メインのブンは、フォー(平麺)とも焼きビーフン(細麺)とも違う新しい食感ですね。

 

ブンボーフエはピリ辛味が特徴ですが、今回はかなりマイルドめにしてあります。

辛いのが好きな方や味に変化をつけたい場合は、サテや七味などを追加するとよいでしょう。
 

さいごに

今回ブンボーフエの素とブンを買ったのは、↓コレを買ったお店です。

komonjocooking.hatenablog.com

米麺やホビロンのほかにも、謎の調味料やらお菓子やらでっかい冷凍肉の塊などを扱っておられます。個人経営輸入食材店っておもしろいですね。

あと、インド・パキスタン系カレーレストランのレジ横の調味料売り場も楽しいです。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。押していただけると喜びます。

プライバシーポリシー