アキオカ家のトラベルごはん

身近な食材を使って、トラベルごはん(国内外の料理)やタイムトラベルごはん(古い時代の料理)を楽しみます。

【能登】下処理すっごい大変でした…アカニシ貝の炊き込みごはん

みなさんこんにちは、しょっちゅうキッチンで好き勝手やってるアキオカ アヤカです。

 

七尾市内のスーパーで、アカニシ貝なるものを買いました。

パッケージには、漢字で「赤西貝」と書かれていました。赤西君です。

なんかよく知らん貝もらったけど、どうやって食べよ…

刺身もいいけど、今日は火を通して食べたいかなー

炊き込みごはん食べたい!

上記に当てはまる方もそうでない方も、ぜひお立ち寄りください。

カニシ貝とは?

七尾湾近辺では、夏になると「アカニシ貝」が出回ります。

f:id:komonjocooking:20210609105215j:plain

わかりました、ありがとうございます!自力でなんとかします!!!

地元のお寿司屋さんではたまに軍艦巻きのアカニシ貝が出るようですが、そこそこレア度高めやと思います。

 

殻の表面を覆う赤い物体はどうやら海綿らしく、分厚く海綿がついている場合はむしり取ることもできます。

 

カニシ貝はアカニシ貝じゃない!?

今回使っているアカニシ貝は、正式名称を「コナガニシ」といいます。

 

そして、「アカニシ」を正式名称とする貝は別に存在します。

こちらのアカニシは貝殻の口が赤いからアカニシ、漢字で「赤螺」と書くそうです。

となると「赤西」は誤字か当て字か、はたまた由来がぜんぜん違うのか…ナゾです。

f:id:komonjocooking:20210609113736j:plain

写真右下の巻貝がアカニシ貝(正式名称)

f:id:komonjocooking:20210609114004j:plain

カニシ(正式名称)のにぎり

カニシはフタがしっかり閉じていて身を取り出すのが難しいため、ケチな人(=お金を握った手をなかなか開かない人)を「赤螺」というそうです。

 

↓こちらの落語には、むちゃくちゃケチな「アカニシ屋ケチ兵衛」さんが登場します。コロ●ロコミックに出てきそうなネーミングセンスやねぇ。

sakamitisanpo.g.dgdg.jp

このアカニシ屋さん、自分の葬式代をケチろうとして「棺桶は漬物樽の古いのでいい」などと言いだします。ウェ…

で、さらに人件費をケチるために「俺が棺桶から出て片棒をかつぐ」というオチがつきます。これがほんとの「金の亡者」ですね!

 

気を取り直して…

今日の料理には古い漬物樽…ではなく、2~3年前に買った炊飯ジャーを使いますよ。

 

カニシ貝の炊き込みごはんを作ってみよう 

調味料の配分は適当です。

カニシ貝の量や他の具材を入れるかどうかによって調整してください。 

〈材料(2合分)〉

カニシ貝…1パック

塩(ヌメリ取り用)…適量

 

米…2合

おろししょうが…1かけ分くらい

酒…大さじ1

顆粒だし…小さじ1

みりん…大さじ1

しょうゆ…大さじ1弱

カニシ貝の身を取り出す

殻付きのまま火を通すと苦みが出るらしいので、生のまま身を取り出すことになります。

しかし!身が殻にしっかり入り込んでおり、サザエなどのようにぐりぐり取り出すことができません。さすがアカニシ。

f:id:komonjocooking:20210609105219j:plain

そこで取り出しましたるトンカチ

 

殻をちょっとずつ叩き割り、中身を取り出します。

f:id:komonjocooking:20210609105224j:plain

周囲が傷つかないよう、ふきんや厚手のキッチンペーパーなどをしっかり敷いてください

 

身を取り出したら、苦みのもととなる肝部分を切り取ります。

この作業中は手が生臭すぎて撮影できなかったので、参考としてサザエの写真をごらんくださいませ…

f:id:komonjocooking:20210609110926j:plain

身にくっいてる丸まった部分(矢印部分)が肝

 

幸い休日だったので、夫と2人がかりでがんばりました。

f:id:komonjocooking:20210609105227j:plain

身も赤いのね

 

塩でヌメリを取る

このままだとヌメリが強くて生臭くなりそうなので、調理前に塩で処理します。

f:id:komonjocooking:20210609105232j:plain

塩を多めにふりかけて…

 

全体に塩をもみ込むと、ヌメリが出てきます。

f:id:komonjocooking:20210609105237j:plain

めかぶっぽいヌメリ?

ヌメリがしっかりでてきたら、よくすすいでヌメリと塩を洗い流します。

念のため、塩もみとすすぎを2~3回繰り返しました。

 

ヌメリがとれたら、好みのサイズに切ります。

f:id:komonjocooking:20210609105241j:plain

小さく切りすぎたなー

 

ごはんを炊く

炊飯釜に研いだ米を入れ、調味料を加えてから2合の目盛りまで水を入れます。

f:id:komonjocooking:20210609105245j:plain

個人的に、おろししょうはかなり重要!

 

最後に貝を加え、普通モードで炊きます。

f:id:komonjocooking:20210609105249j:plain

タイマーを使わず、すぐ炊くことをおすすめします

 

炊きあがったら、全体をさっくり混ぜます。

f:id:komonjocooking:20210609105253j:plain

炊飯器のポジションの関係で、どうしても暗くなってしまいます…

 

カニシ貝の炊き込みごはん実食!

今回はアカニシ貝そのものの味を知りたかったので他に具材はありませんが、お好みできざみ揚げ・にんじん・きのこ類・ねぎなんかを加えてもいいでしょう。

f:id:komonjocooking:20210609105258j:plain

赤があざやかですねー

淡泊で上品な貝の風味と、小さくもしっかりした歯ごたえが感じられます。

しっかり肝を取り除いたおかげで苦みはまったくなく、サザエなどが苦手な方でもこれならいけると思います。

 

薄味に仕上げたためか炊き込みごはんそのものの主張はそれほどきつくなく、他のおかずも美味しく食べられました。

 

さいごに

カニシ(正式名称のほう)は、ときどき「トップシェル」として缶詰になっています。

これなんか美味しそうですよね!酒飲めへんけど。

www.kantsuma.jp

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。押していただけると喜びます。

プライバシーポリシー