アキオカ家のトラベルごはん

身近な食材を使って、トラベルごはん(国内外の料理)やタイムトラベルごはん(古い時代の料理)を楽しみます。

【アンデス】ラワ・デ・チューニョ(乾燥じゃがいものスープ)

みなさんこんにちは、しょっちゅうキッチンで好き勝手やってるアキオカ アヤカです。

 

今回は、トラベルごはん初の南米編です。

ブラジルのフェイジョアーダとかは作ったことあるんですが、最後に作ったのはブログを始める前でしたね。

日本では手に入りにくいレア食材を使ってみたい

ひと皿で満腹になれるメニュー希望!

しなびちゃったじゃがいも、なんとかして美味しく食べたいんです…

上記に当てはまる方もそうでない方も、ぜひお立ち寄りください。

チューニョとは?

チューニョ(chuño)は、アンデス地方で古くから食べられてきた乾燥じゃがいもです。

今回使ったのはこれです。

kyodaimarket.com

 

チューニョの作り方

①収穫したじゃがいもを、畑の土の上にそのまま並べておきます。

➁日が沈んで気温が氷点下まで下がると、じゃがいもの中の水分が凍ります。

③日が高くなって気温が上がると、凍った水分が溶け出します。

④➁と③を繰り返すと、どんどんじゃがいもの水分が抜けていきます。

⑤頃合いを見て足で踏みつけ、残った水分を絞り出します。

⑥さらに自然乾燥させると、高野豆腐みたいにカチカチになります。これでチューニョのできあがり!

 

↓コチラの動画は、ひと晩でできる簡易版チューニョ?です。

じゃがいもに何度か水をかけながら乾燥させ、「凍る→溶ける」を繰り返してます。

www.youtube.com

 

食べるときは、水で戻してから調理します。

 

日本でチューニョを作るとどうなるか

アンデスの原始的な作り方をそっくりそのまま日本で真似すると、高確率で腐ります。日本国土のほとんどは高温多湿ですからね…。

東北・北海道にはチューニョそっくりの「凍みいも」や「ポッチェイモ」がありますが、製法は微妙に異なります。

nosai-iwate.net

 

アイヌの「ポッチェイモ」

https://older.minpaku.ac.jp/sites/default/files/museum/showcase/media/msm/20150610.pdf

2021年5月時点では、あのマンガにはまだ登場してないようです…

単行本派なので若干のタイムラグがあるかも。

 

ラワ・デ・チューニョを作ってみよう 

今回は、こちらのレシピをベースにしています。

無理やり日本語に翻訳したので、かなりアバウトです…

www.recetas.com.bo

〈材料(5~6人分)〉

チューニョ…1袋(200g)

牛肉(あれば羊肉)…300g

ひよこ豆(水戻ししたもの)…200g ※大豆やキドニーなどでもOK!

玉ねぎ…1個

オリーブオイル…適量

 

【A】

クミン…大さじ1くらい

唐辛子(一味、七味でもOK)…適量

オレガノまたはタイム…適量(今回はタイム使用)

 

【B】

カットトマト缶…1缶(400g)

コンソメ…3個

水…800ml

ローリエ…1枚

 

コリアンダーパクチー)…適量

塩コショウ…適量

パセリ…適量

下ごしらえ

チューニョは前日夜から、または当日朝イチから水につけて戻しておきます。

f:id:komonjocooking:20210521112309j:plain

乾燥チューニョはめっちゃ軽いです

 

はじめは固いですが、水を含むとスポンジっぽくなります。

f:id:komonjocooking:20210521112313j:plain

ふにゅっとします

 

やわらかくなったチューニョと玉ねぎはみじん切りに、牛肉は一口大に切ります。

ついでに、コリアンダーも刻んでおきましょう。

f:id:komonjocooking:20210521112316j:plain

左下がチューニョ

 

具材を炒める

 鍋にオリーブオイルをひいて熱し、まず玉ねぎを炒めます。

f:id:komonjocooking:20210521112320j:plain

こげないように!

 

玉ねぎが透き通ってきたら、【A】を入れて少し炒めます。

f:id:komonjocooking:20210521112325j:plain

エスニックっぽい香り!

 

煮込む

牛肉と【B】を加え、蓋をして沸騰させます。

f:id:komonjocooking:20210521112330j:plain

次男(3歳)に「葉っぱ入ってる」って言われました

 

沸騰したらチューニョみじんぎりとパクチーを加え、アクを取りつつ20分ほど煮込む

f:id:komonjocooking:20210521112335j:plain

焦げ付かないよう、ときどき鍋底から混ぜます

 

塩コショウなどで味を調えて完成です。

f:id:komonjocooking:20210521112340j:plain

こんな感じになりました

 

ラワ・デ・チューニョ実食!

器に盛り付け、飾り用のパセリをふります。 

f:id:komonjocooking:20210521112344j:plain

タバスコなどで味を調整するもよし

ものすごく感動する味!というほどではないものの、じゃがいもらしいホクホク食感&とろみ+牛肉+豆のおかげでごはんなしでも満腹になりました。

普通のじゃがいもよりちょっと土っぽい風味がありますが、慣れれば美味しく食べられます。

 

今回はハーブの風味を際立たせてエスニック料理っぽさを強調したかったので、あえて薄味に仕上げています。

しっかり味をつけたい場合は、コンソメをひとつ増やしてください。

味を濃くするとごはんのお代わりが欲しくなって食べ過ぎてしまいやすいですが、そのへんの匙加減はお好みで…

 

さいごに

今回使ってるコリアンダーパクチー)は、この前ちょろっと紹介したベランダパクチーです。ワッサワッサ育ちました。

komonjocooking.hatenablog.com

 

どんどん新しい葉が生えてくるので、近いうちにまたエスニック料理作ろうと思います。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。押していただけると喜びます。

プライバシーポリシー